薬局の管理栄養士がおすすめ

「人を良くする」と書いて「食」。毎日の食事が健康の基本です。 また、正しい食事がお薬の効果を高めます。

もやしとえびのオイスターソース炒め

  • コレステロール
調理時間  約20分
エネルギー  160kcal
タンパク質 21.4g
脂質 4.6g
炭水化物 6.1g
塩分 1.3g
※エネルギー・塩分・野菜摂取量は1人分の値です
お料理ポイント

オイスターソースは牡蠣を塩漬けにして発酵させた調味料です。
牡蠣、えびに含まれるアミノ酸の一種のタウリンは、肝機能を高めることで知られていますが、コレステロールを排泄させる胆汁酸の分泌を促すほか、インスリンの分泌も促進します。

材料(1人分)

もやし 100g
えび 100g(4尾)
ニラ 50g
5ml(小さじ1)
オイスターソース 6g(大さじ1)
少々
こしょう 少々
サラダ油 4ml(小さじ1)

もやしとえびのオイスターソース炒め の作り方

1

えびは殻をむき、背に切れ目を入れて背ワタを取り酒をふっておく。
ニラは4cmの長さに切る。

2

フライパンを熱し、サラダ油を加えて中火でえびを炒める。

火が通ったら、もやし、ニラを加えて、さらに炒めオイスターソース、塩、こしょうを加えて絡めて完成です。

  • 血圧
  • 血糖
  • コレステロール
  • 中性脂肪
  • 時短ワザ
  • ワンコイン