調剤薬局事務

高知県出身 2015年入社
溝渕 真由

理想の自分を持ち、日々成長できる薬局

就職活動を行う上で私が心の中で決めていたことは、“地元の高知県に貢献できる仕事”に就くことでした。ただ、地元の高知県に貢献できる仕事といっても、業種や職種はたくさんあり、自分の強みを活かせる就職先を探しておりましたが、自分は本当は何がしたいのか?という疑問にぶつかりました。そんな時、大学の教授からのアドバイスを頂いたことをきっかけに、ベル薬局を知り企業研究していく中で、ベル薬局は患者様に寄り添い、地域に根差した“かかりつけ薬局”で地元に医療で貢献しており、私の強みでもある“明るさや元気”が患者様の笑顔のために、活かせると思いベル薬局に就職を決めました。

未経験でも医療人になれる

ベル薬局で内定を頂きましたが、今まで医療関係の勉強はしたことがなく、正直なところ医療業界は難しそう…という不安がありました。しかし、入社前研修で事務主任や医療コンサルタントの方から、医療保険制度や調剤薬局事務の知識を丁寧に教えて頂き、また入社後も学生から社会人に気持ちを切り替えるビジネスマナー研修や、定期的な薬局事務研修、オーベンネーベン制現場個別研修、医療コンサルタントによる特別研修など豊富な研修制度があり、医療業界未経験者でもゼロから学び成長ができ、医療業界で働く不安を自信に変えることができました。
私はベル薬局で働くうえで“3つの夢”を持っています。まず1つ目は体調がすぐれず不安な患者様に心から寄り添って対応してる先輩の対応力や、患者様が来局された際に自分の名前を呼んでいただける様な関係を築けるようになりたいと考えております。2つ目は毎年実施している海外研修に参加し、日本と海外の薬局との医療制度の違いを自分の目で確認し、医療人として人としての視野を広げたいと考えております。そして3つ目は“先輩から教えて頂く事で学び”、“後輩に教えることで学ぶ”オーベンネーベン制で学んだことを、新しくベル薬局にはいってくる後輩達に伝えていきたいと考えております。

PRIVATE TIME

休日にはよく県外へ旅行に行き、観光地巡りを楽しんでいます。ご当地グルメの食べ歩きや、その土地ならではの風景を満喫しています。
その他にも学生時代の友人とランチやショッピングに行ったりと、自分のやりたいことや好きなことをすべて詰め込み、自分の人生を全力で過ごしています。