• 社内研修・海外研修

社内研修・海外研修

【海外研修】社会人そして医療人として視野を広げる!!

 薬剤師は世界中に存在し、国によって薬剤師の役割に違いがみられます。私たち日本の薬剤師が、将来どのように活躍して国民に薬剤師としての責任をはたしていくのかを考えるために、毎年〝ファーマシューティカルケア研究所〝が主催する海外薬局視察ツアーに参加しています。(年2回実施)

 また、ベル薬局グループは医療従事者全員のスキルアップのために、薬剤師に限らず調剤薬局事務スタッフも参加しており、どのスタッフも参加後は、薬剤師や調剤薬局事務としてのそれぞれのモチベーションが上がり、そして人間的な視野も広がり、より一層意欲的に仕事に取り組んでいます。あなたにもそのチャンスが用意されています!

過去の研修先と概要の一部をご紹介

薬剤師研修

・2001年 アメリカ研修 [テクニシャン制度視察]
・2002年 ドイツ研修 [欧州薬剤師現状視察]
・2004年 アメリカ(ロサンゼルス)研修 [アメリカ薬剤師現状視察]
・2006年 カナダ研修 [カナダ薬剤師現状視察]
・2007年 スウェーデン研修 [欧州薬剤師現状視察]
・2008年 ニュージーランド研修 [薬剤師現状視察]
・2009年 アメリカ(サンディエゴ)研修 [アメリカ薬剤師現状視察]
・2010年 アメリカ(アリゾナ州)研修 [アメリカ薬剤師現状視察]
・2011年 イギリス(ブライトン市)研修 [イギリス薬剤師現状視察]
・2013年 ポーランド(ワルシャワ)研修 [ポーランド薬剤師現状視察]
・2014年 トルコ(イスタンブール)研修 [トルコ薬剤師現状視察]
・2015年 ポルトガル(リスボン)研修 [リスボン大学病院薬局視察]
・2016年 アメリカ研修 [無菌調剤視察]

事務スタッフ研修

・2004年 オーストラリア研修 [医療制度現状視察]
・2005年 アメリカ(ハワイ)研修 [医療制度現状視察]
・2006年 シンガポール研修 [医療制度現状視察]
・2007年 アメリカ(ロサンゼルス)研修 [テクニシャン制度視察]
・2008年 アメリカ(サンフランシスコ)研修 [テクニシャン制度視察]
・2011年 インドネシア(バリ)研修 [医療制度現状視察]
・2013年 アメリカ(ロサンゼルス)研修 [医療制度現状視察]
・2014年 フィリピン(セブ島)研修 [医療制度現状視察]
・2015年 タイ(バンコク)研修 [医療制度現状視察]
・2016年 シンガポール研修 [医療制度現状視察]
・2017年 タイ(バンコク)研修 [医療制度現状視察]

【社内研修】社会人としての基礎を身につけ、医療人として成長

 ベル薬局グループでは薬剤師・管理栄養士・調剤薬局事務職として入社して頂いた方々に対し、社会人としての基礎を身につけ、医療人として成長していただけるよう、社会人基礎研修・オーベンネーベン制の現場指導・医療コンサルタントによる特別研修・ベル学会などの独自の研修プログラムを行っております。3年間で一人前の薬剤師・管理栄養士・調剤薬局事務職として成長して頂き、地域医療に貢献できるよう応援いたします。




【新人教育プログラム】オ―ベン・ネーベン制とは

マンツーマン個別指導で、医療人としての成長を実感できます
「オ―ベン・ネーベン制」は、薬剤師教育専門機関ファーマシューティカルケア研究所が提供している新人教育プログラムです。ベル薬局では新人教育にこの制度を採用しています。全国的にも高い評価を得ているこの制度は、ドイツの医師教育制度であるオ―ベン・ネーベン制を取り入れた、マンツーマンでの個別指導が特徴です。

 オ―ベン(先輩)はネーベン(新人)の教育係として、個別のカリキュラムに沿って教育指導を担当します。先輩薬剤師は、不安の多い新人薬剤師にとって薬局における基本業務の理解を助け、実践を身近で指導してくれる心強い存在です。ネーベンだった新人薬剤師も、1年目以降は次の新人のオ―ベンになります。オ―ベンとして教える立場になって見えることが多くあります。教えるためには薬局業務の技術や知識をより深く理解する必要があり、これまで以上に自分が勉強をしなければなりません。

 またベル薬局では薬剤師だけでなく調剤薬局事務の教育にもこの制度を導入しています。新人にとっては、社会の先輩としてもオ―ベンから多くを学ぶことができるようです。自分がオ―ベンになった時に、自分が教えられ学んだことをネーベンにも伝えていく。オ―ベン・ネーベン制は、薬剤師・管理栄養士・調剤薬局事務としての成長はもちろん、医療人としての心も育てる優れた教育プログラムです。