インターンシップ

  • ブログ・新着情報

薬学生 薬局見学ツアーの様子(東北大学)

ベル薬局グループでは薬学生1~6年生を対象に、地域医療を支える薬剤師を体験する、薬局見学ツアー(インターンシップ)を行っており、毎年 薬学生に参加して頂いております。

今回、東北大学より2名の薬学生が、4泊5日の薬局見学ツアーに参加してくれました。

 

 

【薬局見学ツアー 1日目】

仙台より高知に到着。
高知を観光。

 

 

 

 

 

【薬局見学ツアー 2日目】

2日目は厚生労働省基準適合の健康サポート薬局として認可されたベル薬局 伊野店で研修。


 

2日目の研修終了後は、高知県での釣りを希望していた学生とは夜釣りに行き、高知県の食を楽しみたい学生とは、高知県の名物 カツオのたたきを食べに行きました。

 

 

 

【薬局見学ツアー 3日目】

3日目は午前中はベル薬局 伊野店で研修を行い、午後からはベル薬局 本店にて医療コンサルタント(薬学博士 臨床薬剤師)による新人薬剤師研修と特別研修に参加。

 

 

 

【薬局見学ツアー 4日目】

4日目はベル薬局 伊野店と高知医療センター前にあるベル薬局 池店で研修を行い、最後はベル薬局 本店にて研修を行いました。

 

 

【薬局見学ツアー 5日目】

高知を観光。
高知から仙台に出発。

 


ベル薬局グループの薬局見学 インターンシップでは、地域医療に貢献できる未来の薬剤師として成長して頂くために、下記のカリキュラムご用意しております。ご興味がある薬学生はぜひお問合せ下さい。

 

■ 厚生労働省基準適合の健康サポート薬局として認定を受けた、ベル薬局 伊野店で健康サポート薬局の薬剤師を体験する。

■ ‟対物業務から対人業務へ”、かかりつけ薬剤師に必要なコミュニケーション能力(対話力 傾聴力)を学ぶ。

■ 地域医療を支える地域密着型のかかりつけ薬局で、かかりつけ薬剤師を体験する。

■ 社内の薬剤師ではない、外部の医療コンサルタント(薬学博士)による特別講習で、薬局業界の最新情報や今後の動向(かかりつけ薬剤師 かかりつけ薬局 健康サポート薬局 セルフメディケ―ション 地域包括ケア 地域連携 リフィル処方箋 在宅医療 チーム医療 認知症サポーター テクニシャン制度 患者のための薬局ビジョン 診療報酬改定など)を学べる。

■ 検体測定器を使った簡易血液検査や、一般用医薬品OTCなどの知識を取得し、調剤薬局におけるセルフメディケーション推進活動を学べる。
 
■ 大型門前(近森病院 高知医療センターなど)から地域密着型まで対応した、ベル薬局グループの各店舗で様々な診療科目を体験する。

■ 自然豊かな高知県での薬剤師としての働き方を知る。

■ 経験豊富な先輩薬剤師に相談することで、改めて薬剤師人生の目標設定や見直しができる。

 

 

<ベル薬局グループ 薬局見学>

http://www.belle-ph.com/internship/index.html

バーベキュー&花火 2018

 今年も暑い夏がやってき、毎年恒例のバーベキュー&花火のイベントを行いました!!🍖高知の街は熱いよさこい祭りで盛り上がっていましたが、こちらも熱い肉を食べ笑いが絶えない楽しい時間を過ごしましたベル薬局グループでは定期的な会社のイベントを通して社員同士の交流を深めています  

特別研修 管理栄養士④

ベル薬局グループでは毎月1回、医療コンサルタント(薬学博士)の中原先生をお招きし、スキルアップ特別研修を実施しております。今回は管理栄養士を対象とし、下記の講義を行って頂きました。  【講義内容】・患者さんと一緒に考える栄養指導とは・患者さんが食に対してどう考えているか知ったうえでの栄養指導・栄養バランスがとれた食事とは

特別研修②(オーストラリア医療制度視察の報告)

 ベル薬局グループでは社会人として医療人として視野を広げる為に、薬剤師 管理栄養士 調剤薬局事務が、海外薬局視察ツアーに参加しています。2018年はオーストラリアのケアンズに行き、オーストラリアの薬局を視察し、日本との医療制度の違いや薬局の在り方を学んできました。  ■オーストラリア・場所 日本のほぼ真下。面積は日本の約20倍で、アメリカ(アラスカ除く)とほぼ同じ。・…【くわしくはこちら】