社外研修

  • ブログ・新着情報
      

海外研修(ロシア医療制度視察の報告)

ベル薬局グループでは薬剤師 管理栄養士 調剤薬局事務を対象に、社会人として医療人として視野を広げてもらうために、社外研修の一環として海外薬局視察ツアーに参加しています。

 

2019年はロシア ウラジオストクの薬局に視察に行ってきました。

 

 

 

■ロシアの基本情報

・国土面積:約1,710万平方km(世界第一位)、日本の約45倍、米国の約2倍。

・人口:約1億4344万人(2016年)。

・首都:モスクワ(今回訪れたウラジオストクとは約9,229km離れている。)

・公用語:ロシア語

・気候:訪問した6月は日本で言うと春くらい

・平均収入:一般職(普通に大学を出て就職)6万円
      薬剤師10~12万円(新人7万円)
      医者は薬剤師より給料が低い。

・保健状態:1996年より法定健康保険に基づいて無料で医療を受ける権利を有するが、ソ連崩壊によって社会・経済・生活様式が変化し、ロシア人の保健状態は悪化。男女における平均寿命は男女差が大きい。
      男性62.77歳、女性74.67歳
      平均寿命は68.67歳(EUや米国の平均よりも10歳ほど下回っている)

・歴史:1917年ロシア革命を起源とし、レーニン率いるポリシェヴィキによりロシア社会主義連邦ソビエト共和国が設立。その後内戦を経て、1922年ロシア、ザカフカース、ウクライナ、ベラルーシ各共和国を統合、ソビエト連邦が形成
    1991年ソビエト連邦崩壊、ロシア共和国が連邦から離脱、ロシア連邦として成立

・民族:約180を超える多民族国家。約80%がロシア人、次いでタタール人(3.9%)、以下ウクライナ人をはじめ2%以下の少数民族で構成。

・教育:義務教育9年間(就学年齢6歳以上)。
だが、初等から高等教育まで一貫して行われることが多い。
義務教育終了後は大学を目指した高等学校コースと専門学校へ進学するコースに分かれ、高等学校は10年~11年の2年間、大学は学部により就業年数が5~6年間の4-5-2-5制。

 

 

【薬局】

・ロシア全土で約56,000件の薬局が存在。

 歴史的に国営だったが、その後民営化が進んでいる。

・大手スーパーチェーン・大手薬局チェーンの進出により小規模薬局・キオスクの数は減少。

上位10社の市場シェア合計は約23%であり、多くの薬局は市場シェア1%以下の小規模薬局。

・薬局の出店形式はマンションの1階に入居、スーパーマーケットの店舗内にShop-㏌-S hopの形態で運営、民間病院やクリニック内にテナント形式で店を構え、経営はその病院・クリニックとは関係なく運営されている。

【営業時間】

・外来クリニックを特定していないこともあり個別に運営

・24時間営業の薬局は全体の5%以下(モスクワ市内に多い)

・普通の薬局は9時~21時までの店舗が多い。

 

【薬剤師】

・薬剤師になるためには2通り。どちらも6年間。

・薬学部について

男女比:男:女=1%:99%

(入試は難しくない。滑り止めで受験。)

・薬局内に規模にもよるが2~3名勤務しており、症状と予算を伝えると薬剤師が見合った医薬品を推奨、患者は薬剤師の権限からの推奨に従うことが多い。

・代替調剤も行われており、医薬品の選択にあたっては薬剤師の役割は大きい。

 

【在庫】

・処方箋薬でも多くは1箱20錠などが入った小箱包装が主体。

・チェーンでの全社在庫数としては約35,000種類、デットストックについては6ヶ月以上

在庫がある製品は製薬会社と交渉し、値下げを実施したり、販促したりと対応している。

・基本的方針として、有効期限の60%以上あるものしか受け入れていない。

 

 

【処方箋】

・基本的には医薬品の購買には、医師からの処方箋が必要になるが、麻薬・向精神薬や抗生物質などの自由な取扱いが禁止されている薬剤を除いた処方箋薬は処方箋なしで薬剤を購入できる場合が多い。(ボルタレンゲル100g…513ルーブルで販売)

・処方箋に記載されている薬を変えて渡すこともあり。(基本的な法律はあり。)

・ロシア人が薬局で年間1人当たり購入する薬剤の平均費用は5,400ルーブル。(約1万円)

・1薬局当たり年平均2,500人が薬局を利用している。

・処方箋期限:処方日数の制限はない(実質リフィル処方箋)

・処方箋記載:一般名

・処方箋:2種(107、148。サイズが異なる。)

・保管期間:2年

 

 

【薬局での医薬品購入】

ロシアでは体の具合が悪くなったら、よほど深刻な状態でなければまず薬局で薬を購 入して対応することが多い。そのためロシア人は医薬品に対して自らが興味を持ち、成分・生産地などを細かく確認し購入する傾向があり、日常生活でよく薬局を利用する。

「医者より薬剤師」という認識が高い。

 

【保険】

・強制医療保険と民間任意医療保険の2種

・国民はそれぞれの保健制度の対象となっている医療機関に対し、かかりつけ医となる医療機関の登録申請を行い自分の登録した医療機関で診察を受ける仕組みとなっている。

・国民はそれぞれの加入している保険制度内で、指定されている病院及び対象となる医療サービスに関して、無料で医療サービスを受けることができる。(医療サービスの範囲外では有料診療となる。)

・民間病院は基本的に有料であるが、保険のカバー範囲であると診察代の請求が可能

・無料の範囲は定められており、それ以上の診察に対しては追加料金を払う必要がある

・制度上は民間病院も対象であるが、実態は公立病院が対象

  • 強制医療保険

全国民が加入する

就労者については雇用者が直接、非就労者については地方行政府が保険料を全額負担。

ただし、基本的に国が定めた特定の医療サービスのみをカバーしており、サービスの拡大が検討されている。

  • 民間任意医療保険

付加的に加入する仕組み。

対象となる医療機関やサービスは強制医療保険よりも多く、より高度な医療サービスを受けることができる。

民間任意医療保険契約形態のうち、企業が雇用者のために契約する形態は約8割、個人で契約する形態は約2割。

高齢者や無職など、低所得者層は個人加入するケースは少ない。

 

       

2019年 新人薬剤師合同研修

ベル薬局グループでは入社して頂いた新卒 薬剤師を対象に、㈲ファーマシューティカルケア研究所が行っている新人薬剤師合同研修(5泊6日 仙台)に参加しております。

 

 

良い薬剤師人生のスタートを切る為にも、入社後すぐは社内の薬剤師の教育ではなく、外部の医療コンサルタント(薬学博士 臨床薬剤師)による研修を受けて頂いております。

 

参加した新人薬剤師達からは、今回の新人薬剤師合同研修で色々な視点から薬剤師の仕事をより理解でき、また大学の授業では教えてくれなかったことを学べて勉強になりましたとの声が聞けました。

 

 

※ご興味のある薬学生はお気軽にお問合せ下さい。
http://www.belle-ph.com/entryform.html

 

 

       

2018年 新人薬剤師合同研修

 

ベル薬局グループでは入社して頂いた新卒 薬剤師を対象に、㈲ファーマシューティカルケア研究所が行っている新人薬剤師合同研修(5泊6日 仙台)に参加しております。📔

 

 

良い薬剤師人生のスタートを切る為にも、入社後すぐは社内の薬剤師の教育ではなく、外部の医療コンサルタント(薬学博士 臨床薬剤師)による研修を受けて頂いております。

参加した新人薬剤師達からは、今回の新人薬剤師合同研修で色々な視点から薬剤師の仕事をより理解でき、また大学の授業では教えてくれなかったことを学べました!!との声を聞けました。

 

 

※ご興味のある薬学生はお気軽にお問合せ下さい。
http://www.belle-ph.com/entryform.html

 

       

漢方調剤フォーラム in 高知

ベル薬局グループの薬剤師が1月21日(日) ちより街テラス3F ちよテラホールで開催されました、「漢方調剤フォーラムin高知 ~薬剤師のための漢方医学研修会~」に参加してきましたので、プログラム内容と感想を報告させて頂きます。



【プログラム】
■情報提供 13:30~13:50
 製品説明 株式会社ツムラ 信頼性保証本部 森田 聡
 座長 高知大学医学部附属病院 薬剤部 教授・薬剤部長 宮村 充彦先生

 

■特別講演Ⅰ 14:00~15:00
「漢方医学の基本的な考え方 ~漢方専門病院での研修経験より~」
 高知医療センター 地域医療科 科長 吉村 彰人先生

 

■特別講演Ⅱ 15:10~16:30
「薬剤師の視点から考える漢方処方の意味」
 昭和大学薬学部 臨床薬学講座 天然医療治療学部門 教授 川添 和義先生

 

<共催:高知県薬剤師会 高知県病院薬剤師会 株式会社ツムラ>
 

 

【薬剤師H先生の感想】

 今回は高知医療センター 地域医療科 吉村先生、昭和大学 薬学部 川添先生による漢方についての講義でした。 

 最初の講義では、吉村先生の漢方専門病院での研修経験を基に、医療関係者でなくても理解できる漢方処方について、実際の治療を交えながらお話し頂き、次に川添先生は薬剤師に必要な漢方の知識として、生薬の性質から「五行」「気 血 水」などを身近なものに例えながらお話し頂きました。 

 漢方は長く親しまれている薬剤であるにもかかわらず、その処方の根拠がわかりにくいと考えている医療関係者はいらっしゃると思いますが、今回の講義で漢方処方に関する知識をより深めることができ、効能効果についても長い歴史をもつ漢方に未来における可能性を感じられる講義でした。

       

アレルギー性鼻炎に関する勉強会

 

ベル薬局グループの薬剤師が10月2日(月)高知黒潮ホテルで開催されました「アレルギー性鼻炎の発症と病態にかかわる背景因子について」の勉強会に参加してきました。

 社外で開催されている研修へは任意参加ではありますが、ベル薬局グループは薬剤師のスキルアップの為、積極的に研修会の開催情報を社内提供しております。

 

【内容】

■アレルギー性鼻炎の発症と病態にかかわる背景因子について

(東京大学大学院医学系研究科・医学部 耳鼻咽喉科学 近藤 健二先生)

       

健康サポート薬局についての研修会

ベル薬局グループの薬剤師が9月10日(日)高新文化ホールで開催されました、「健康サポート薬局についての研修会」に参加してきました。
 社外で開催されている研修へは任意参加ではありますが、ベル薬局グループは薬剤師のスキルアップの為、積極的に研修会 開催情報を社内提供しております。

 

【研修内容】

<特別講演>
■「かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局」を基本とした健康サポート薬局までの経緯と考え方

~ 今、薬局・薬剤師に何をもとめられているのか? ~
( 有限会社つちばし薬局 代表取締役 藤原 英憲先生)

 

当日は厚生労働省の健康サポート薬局制度策定に大きく関わっていた前日本薬剤師会常務理事・前高知県薬剤師会会長の藤原英憲先生から健康サポート薬局の理念・しくみ、今後の展望についての講演でした。

       

「高知家お薬プロジェクト」報告・説明会

 

 

 ベル薬局グループの薬剤師が7月20日(木)南国市保健福祉センターで開催されました、「高知家お薬プロジェクト」報告・説明会に参加してきました。

 

【内容】
①高知家お薬プロジェクトの取り組み報告について

②今後の取り組みについて

 

【高知家お薬プロジェクトとは】

高知県では高知県薬剤師会への委託事業として、かかりつけ薬局の持つべき機能の一つである在宅対応や医療機関等との連携体制を地域の中で構築するため、平成28年度より開始しました。

昨年度はモデル地区を南国市・香美市・香南市として飲み残し薬等をきっかけに、薬局店頭での服薬支援に加え、在宅医療・介護関係者と薬剤師が連携ツールを活用し情報共有することで、患者の服薬状況の改善や患者への適切な薬物療法の提供を行いました。

 

社外で開催されている研修へは任意参加ではありますが、ベル薬局グループは薬剤師のスキルアップの為、積極的に研修会、開催情報を社内提供しております。

       

薬剤師のためのスキルアップセミナー(精神疾患)

 ベル薬局グループの薬剤師が6月4日(日) 高知会館で開催されました、「薬剤師のためのスキルアップセミナー」に参加してきました。
 社外で開催されている研修へは任意参加ではありますが、ベル薬局グループは薬剤師のスキルアップの為、積極的に研修会 開催情報を社内提供しております。

 

【研修内容】
<情報提供>
■エビリファイ最近の知見について
(大塚製薬株式会社 徳島支店学術課 藤井 敬士)


<特別講演>
■統合失調症患者さんとのコミュニケーションに関して
(一般財団法人創精会 松山記念病院 診療部薬剤課 薬剤課長 梅田 賢太先生)


<その他>
■VSS:抗精神病薬による過度な鎮静をバーチャルで体験
■殿筋君:殿筋への正確な注射を体験


       

学校薬剤師部会の研修会

ベル薬局グループの薬剤師が学校薬剤師部会の研修会に参加してきました。


ベル薬局グループの薬剤師は調剤薬局での調剤業務以外にも、地域の皆様の健康をサポートする活動を積極的に行っております。

 

<学校薬剤師とは>

幼稚園・小学校・中学校・高等学校には、学校医・学校歯科医と共に学校薬剤師を必ず置くことになっています。(学校保健安全法第23条)
薬剤師の仕事は調剤業務の他にも、学校薬剤師として地域の各学校に出向いて学校の環境衛生が保たれるよう様々な検査とその結果に基づいた指導をしています。また、学校保健委員会に参加して保健安全計画を立案し、そしてお薬教室・防炎教室・薬物乱用防止教室の講師として生徒に保健教育を行っています。

 


<学校薬剤師の業務>

■給食室の衛生検査
■ダニ又はダニアレルゲンの検査
■騒音環境の調査
■学校の清潔・害虫などの検査
■学校プールの検査
■保健室の点検
■理科室の点検
■CO2濃度・温湿度の検査
■照明の検査、黒板・照明器具の点検
■学校保健委員会の参加
■お薬教室・防煙教室・薬物乱用防止教室の実施
■エピペン研修会