栄養コラム

  • ブログ・新着情報

ご存じですか?『ファイトケミカル』

必須栄養素ではないものの、健康を維持するのに身体に良いと評判のファイトケミカル。

今回は知って得する豆知識、ファイトケミカルについてお話します!

 

 

<ファイトケミカルに期待されること>

ファイトケミカルとは植物が紫外線や昆虫から身体を守るために作りだした色素や香り・辛味などの成分のことで、がん・動脈硬化・生活習慣病の原因である酸化を防ぎ、老化や様々な病気のリスクを低下させることが期待されています。

 

 

<代表されるファイトケミカル>

ファイトケミカルには抗酸化作用による老化予防の他にも、その種類によって様々な働きがあると言われています!!

 

★ポリフェノール

植物が光合成を行う時にできる物質の総称で、色素アクの成分です。多くは水溶性で吸収されやすい成分です。

・アントシアニン【食品:赤ワイン・ブルーベリー・赤しそなど】
・イソフラボン【食品:大豆・大豆製品】
・カテキン【食品:お茶・紅茶など】

 

含硫化合物

刺激のある香りや辛味が特徴。

血行、血流の改善作用や、強い殺菌作用による食中毒の予防などが期待されます。

・スルフォラン【食品:ブロッコリー・スプラウト・キャベツ】
・イソチオシアネート【食品:大根・わさび・からし菜】 
・アリシン【食品:にんにく・玉ねぎ・ネギ・ニラ】

 

★カロテノイド

主に緑黄色野菜に含まれる黄色・橙色・赤色の色素成分の総称で脂溶性の色素です。

・β-カロテン【食品:にんじん・かぼちゃなど】 
・ルテイン【食品:トマト・スイカ・あんずなど】
・β-クリプトキサンチン【食品:にんじん・トマト・ピーマンなどの緑黄色野菜】
・リコピン【食品:温州みかん・ポンカンなど】

 

 

 

<ファイトケミカルを上手に摂るこつ>

野菜は皮ごと食べる!
野菜の皮にもファイトケミカルが含まれます。よく洗って皮ごと料理に使うのがおススメです。

 

カロテノイドは油と一緒に!
ファイトケミカルの中でもカロテノイドは脂溶性のため、油と一緒に摂ると吸収が良くなります。
野菜は炒め物にしたり、ドレッシングなどと一緒に食べるのがおススメです。

 

含硫化合物はなるべく加熱せずに!
熱に弱い含硫化合物は、加熱をせずに摂ると良いでしょう。
※アリシンを含むニンニクや玉ねぎなどを生で摂りすぎると胃を荒らす原因になるので食べすぎに注意してください。

 

ファイトケミカルは組み合わせて摂る!
それぞれ働きが違うファイトケミカルは単体で摂るよりも組み合わせて摂ることで、より一層健康へ効果が期待できます。いろいろな食品をバランスよく組み合わせてしっかり食べるようにしましょう。

 

 

作成:管理栄養士 廣島

 

鶏肉と白菜のクリーム煮

ベル薬局グループでは管理栄養士(薬局栄養士)による、健康レシピの情報発信を行っております。今回は鶏肉と白菜のクリーム煮をご紹介させて頂きます。  <料理のポイント>⭐鶏胸肉と牛乳でたんぱく質をたくさん摂ることができます⭐鶏胸肉に小麦粉をまぶし、片面のみに焼き目をつけることでパサつきがちな胸肉をしっとり仕上げることができます  【鶏…【くわしくはこちら】

旭やる会祭り2022に参加しました

ベル薬局グループのフルール薬局が、12月4日(日)イオン高知旭町店で開催された旭やる会祭り2022に参加してきました。 当日はIn Body(体成分分析装置)やAGEs(最終糖化産物測定器)を使った測定や、薬剤師と管理栄養士によるお薬&栄養相談を行いました。 ベル薬局グループの薬局では地域住民の方々の健康をサポートできるように、健康・お薬・食事についての相談を受け付けております…【くわしくはこちら】

こうちSDGs推進企業に登録されました

 この度、ベル薬局グループは持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)として高知県における取り組みの実施を目的とした「こうちSDGs推進企業」として登録されました。  SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、…【くわしくはこちら】